三国志ブランド「赤兎馬」がおくる三国志Tシャツ、三国志グッツの専門店「三国志ショップ赤兎馬」

プリント・加工方法について

このページでは赤兎馬の商品が、どのような方法でプリント・加工されているかをご紹介致します


業務用-高圧転写プリント(通称-転写)
白地の生地などへのプリントの場合はこちらのプリント方法で製作致します
方法は専用の機械で出力した転写紙を使い、工場などで使う業務用のプレス機で高圧プレスをします
そうする事によって、均一にムラ無くキレイにプリントされます。
特徴としては、プリントとTシャツ等の生地部分がとても馴染み、通気性も良いです。
注:最近電気店などで気軽に手に入るインクジェットによるアイロンプリント紙とはまったく違う物です!
アイロンプリントなどですと洗濯などで剥がれたり・色落ちしたりしますが、当店の転写ではそのような事はありません。

業務用-高圧濃色転写プリント(通称-濃色転写)
黒や紺など色のついた生地などへのプリントの場合はこちらのプリント方法で製作致します
白用転写と同様、 方法は専用の機械で出力した転写紙を使い、工場などで使う業務用のプレス機で高圧プレスをします。そうする事によって、均一にムラ無くキレイにプリントされます。
特徴としては色が鮮やかに出て、フルカラーでハッキリとプリントでき、質感がラバーのようになります。
白の紙に出力しますのでデザインのまわりと中の部分が白く残ります
注:最近電気店などで気軽に手に入るインクジェットによるアイロンプリント紙とはまったく違う物です!
アイロンプリントなどですと洗濯などで剥がれたり・色落ちしたりしますが、当店の転写ではそのような事はありません。

業務用-高圧キラキラ転写プリント(通称-ラメ転写)
シルバーのラメ転写を使用しています、表面はキラキラと銀色に光っています

使用は濃色転写と同様で、黒や紺など色のついた生地などへのプリントの場合はこちらのプリント方法で製作致します
白用転写と同様、 方法は専用の機械で出力した転写紙を使い、工場などで使う業務用のプレス機で高圧プレスをします。そうする事によって、均一にムラ無くキレイにプリントされます。


注:最近電気店などで気軽に手に入るインクジェットによるアイロンプリント紙とはまったく違う物です!
アイロンプリントなどですと洗濯などで剥がれたり・色落ちしたりしますが、当店の転写ではそのような事はありません。

フロッキー/カッティングプロッタ
表面がフェルトの用に起毛した、フロッキーと言う布のカッティングシートを、業務用のカッティングプロッタ(工場などで使う自動裁断機)でカットし高圧プレス機で転写したものです。
特徴してはTシャツなどのボディーにとても馴染み、貼りついた部分以外には何もつかないので、通気性が良い
洗濯後の変化が一番少なく、一番洗濯に強いプリント方法と言われています。
製作コストがかかる事もあり、巷の洋服屋や百貨店ではフロッキープリントされた商品は、通常より高めに設定されている事が多く、高級な商品などに使われる事が多い。

シルクスクリーン
Tシャツのプリント方法として最もポピュラーなプリント方法です
服屋さんなどにあるTシャツはシルクスクリーンのプリントである事が多いです。
特徴として、生地に直接インクをのせているので、色の変化が少なく・着ていると風合いが出てくる。しかし色数を増やすのが難しかったり、細かいデザインを出しにくいのが難点

発砲型シルクスクリーン
上で紹介したシルクスクリーンの変形型で、プリント後に加工を加えると表面がモコッと盛り上がり、膨らんだ感じのプリントになります。
特徴として、シルクと同じく生地に直接インクをのせているので、色の変化が少なく・着ていると風合いが出てくる

刺繍
説明不用と思いますが、赤兎馬が使用している加工技術の一つとしてご紹介致します
刺繍糸で刺繍したものです。業務用刺繍機にて一つ一つ刺繍します。
刺繍の風合いと存在感は他の技術に変えられない高級感があります。

洗濯にも強く、使っていくほど独特な風合いがでて良いです


当店の転写商品は市販の転写紙によるアイロンプリントではありません。
市販のインクジェットのアイロンプリントの転写紙は洗濯をするとひび割れたり色落ちしてボロボロになってしまう場合があり、そういった方法で製作した商品を販売しているWEBショップが多くあるようでが、当店では業務用の転写紙にレーザープリントで印刷し業務用のプレス機を使用し高温高圧で転写する、工場などで採用されている方法で製作していますのでご安心下さい。

●はじめての方へ/●サイズについて/●Tシャツのカラーについて/●通信販売の法規/ ●プライバシーの保護について
●新着情報●サイトマップ
/●全商品の一覧/●トップページへ戻る-三国志ショップ赤兎馬